どこを比べる?ウォーターサーバーの選び方

最も重要な安全性はワンウェイボトルに敵わない

ウォーターサーバーを検討する際には、料金のみに着目しがちですが、最も大切なこととして安全性を見極める必要があります。冷水と熱水の両方を利用可能なウォーターサーバーでは、内部に雑菌が繁殖しないように工夫がされています。しかし、エアフィルターでリターナブルボトル内へ送り込む空気のほとんどを浄化しても、滅菌レベルには達していません。
安全性を特に追い求める場合には、ボトル内に空気が入らないワンウェイボトルを選ぶと良いでしょう。中の水が使用されると、ワンウェイボトルならばウォーターパックが萎むだけで、空気が入ることが無く安全性が極めて高くなるからです。定期的なメンテナンスにより、ウォーターサーバーは水の使用量が多いほどリターナブルボトルでも安全性が高まりますが、オフィスほど水を使わないので、ワンウェイボトルに分があります。

販売代理店を選ぶことも忘れずにしたい

同じウォーターサーバーを利用していても、購入する水の配送は代理店から行われるので、配送条件が同じブランドのウォーターサーバーでも異なることはあまり知られていません。土日配送や、指定日配送の有無だけでなく、購入最低ボトル本数と周期についても一律ではありません。
ウォーターサーバーの多くでは、販売代理店としてフランチャイズ契約を行っている会社と契約するシステムを採用している会社が多いです。契約時に配送可能な店舗が複数ある場合には、代理店が異なるか確認した上で双方の販売代理店の条件を確認して条件が良い方の会社と契約を行なうことがお得です。ウォーターサーバーのブランドを決めてから、契約する販売代理店を選ぶという2段階の選択をすると良いでしょう。

美味しくて安心安全な水を飲むことができるウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク作りに利用しましょう。コックをひねるだけでお湯も出るので、すぐにミルクが作れてラクラクです。